シールオンラインの2サバで大好評活躍中のモモ組のブログなのです


by shiroyagi25
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2008年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧


いえっへー! 愛と勇気のオモシロ僧侶シロヤギですヨ!

さあ、世界金融危機を引き起こしたアメリカの銀行の仕組みとは
いったいどんなだろカ!
先週のブログを読み返すべし!

アメリカの銀行のお話の前に、まずは皆さんもよくご存じの日本の銀行の
仕組みから。日本の銀行は、皆さんに預金してもらたお金を、お金を
借りたいという会社などに、金利をつけて貸して、儲けますヨ。

(会社に貸す金利)-(預けてもらたお客に払う金利)=(銀行の儲け)

こういう利息収入を主な収入源とする日本のような銀行を「商業銀行」と
いいますヨ。ローリスクローリターンの大人しい銀行なので、草食銀行とも
呼ばれますヨ。シロヤギと同じですナ。
会社にお金を貸すときには、担保も取ったりするので、収益率は低くても、
安全にお金を運用しますヨ(そのかわり、貸しはがしとか惨いことも平気で
やりますヨ。そのへんはクロたんと同じですナ。お、クロたんがニラんで
ますヨ。こえー)。

一方、アメリカの銀行は肉食ですヨ。ハイリスクハイリターンですヨ。
なにをするかというと、金融商品を開発(投資先を開発)して、それを
いろんな人や会社に売って、手数料で儲けるのです。
これを投資銀行といいますヨ。
いろんな債権やらを買ってきて(この債権を買うときに皆さんから集めた
お金を使う)それを皆さんが買いやすい形に提供して(=金融商品の開発)、
手数料を取って、儲けますヨ。

たとえば東京ドーム。ひとりで買うのは難しいですナ。でも10万人なら
買えないこともない。ひとり10万円出せば100億円。しかも巨人が
がんばて、お客がたくさん入れば儲かる。じゃあ、10万人集めて買うぜ!
…と皆さんから10万円集めて買うのが金融商品。
こういうのを開発して、手数料で儲けますヨ。10万5千円で売ると
5千円×10万人分の5億円が銀行の儲け。
積極的に儲けにいくのが肉食銀行こと、投資銀行ですナ。

さて、この投資銀行。倒産したリーマンブラザースとかですナ。
ナニに目をつけたかといえば、話が元に戻りますヨ。
はい。サブプライムローン。
投資銀行が、こりゃあ儲かるだろってんでサブプライムローンの債権を
買ってきて、みんなに売りさばきましたヨ。悪い予感がしますナ。
と・こ・ろ・が。

恐ろしいことに「バブルがはじけた」の前に、3つ(3つも!)の
チョー恐ろしいことがありますヨ。

ひとつめは。この金融商品が「債権」だということですヨ。
わかりやすくいうと株みたいなものですヨ。元はサブプライムローンという
低所得者向けで担保価値の高くない(土地の値上がりを見越して
貸してるので、貸したお金が買った土地の価値より高い)債権なのです。
それが、どういうことかといえば、お金借りてた人が、お金返せなくなたら
その債権は、ただの紙クズになるということなのです。
これだけでも、恐ろしー。

さらに、ふたつめ。この投資銀行の開発した金融商品というのが、
サブプライムローンを集めただけでは、信用が低いので(みんな、
サブプライムローン=担保のない借金と知ってるから)、買う人を
安心させるために、他の信用の高い債権と「混ぜて売られちゃた」
ことなのです。
例えば、信用の低いサブプライムローンの金利が10%、信用の高い
日本国債の金利が2%。混ぜて割って6%で売る、といったことを
やっていたのです。

そして、最後の3つめ。投資銀行は、このサブプライムローンが
混ざっている金融商品を「世界中の」投資家に売りましたヨ。
さあ、お膳立てが整いましたヨ。ここでバブル崩壊。
バーン!

さあ、この続きは、またまた次週!
バブル崩壊のアメリカ経済にナニが起こたのカ!
そして、それが、なぜ世界に広がったのカ!
シィルツいちの経済アナリスト、クロたん(最近、またシロヤギと
ケンカした)が世界金融をヒモ解きますヨ!

でわー!
[PR]
by shiroyagi25 | 2008-11-28 12:47 | モモのおはなし

シロといわれたら~♪ クロだっていっちゃう~♪
素直になれない~ アマノジャク~♪

いえっへー! 愛と勇気のオモシロ僧侶シロヤギですヨ!
今のは、堀江由衣さんのニューシングル「バニラソルト」ですヨ!
たまたまテレビで聞いたのですけど、あまりにもぴったりなので、
シロヤギとクロたんのテーマソングにしましたヨ!
ニューシングルは伊達じゃない! お、これは関係なかたですナ。

さてさて、今日はシィルツいちの経済通、暗黒腹グロ大王クロたんの
指南で、今年の9月頃から起こった金融危機の原因を簡単に
説明しますヨ!
今回のあんちょこは、シロヤギもおすすめのオモシロ経済TV番組
「カンブリア宮殿」ですヨ!
金融危機の正体を、ヒモ解いていきますヨ!
皆さんの生活に、実は密着した問題なので、理解しておくと
きっとお役に立ちますヨ!

まず、発端は2000年にアメリカでITバブルが崩壊したこと
ですヨ。不景気に突入するのを嫌ったアメリカ政府は、景気対策として
住宅ローンを後押ししましたヨ。みんなが、お家を買いやすく
なるようにしたのです。
これがどういうことかといえば、それまで信用が低くてお金を
借りられなかった低所得者にも、お金を貸してお家が買えるように
したのです。これで景気回復を狙いましたヨ。

これだけなら、いいお話みたいですけど(現に、いいお話だと思て、
後先考えずに、お金借りちゃったアメリカ人がいっぱいいた)
経済の常識が、ひっそり横にたたずんでいますヨ。
それは、お金のない人(担保のない人、経済的に信用のない人)が
お金を借りるときには、回収不能になるリスクの分、たくさん金利を
払わなければならないということですヨ。

アメリカ政府は、住宅ローンで低所得者でもお金を借りられて、
お家を持てるようにしましたけど、そのときにたくさん金利を
払わなければならないというシステムを作ってしまたのです。
はい。これが世にいう「サブプライムローン」。

このサブプライムローンに対して、担保のある人が借りられるローンが
プライムローン。
ちなみに「プライム」というのは重要なとか、正式とか、メインとか
いう意味ですヨ。つまりプライムローンというのは真っ当なローンと
いう意味ですナ。一方、「サブ」プライムローンのサブとは補助的なとか、
オマケとか、従うとかいう意味ですヨ。こう聞いただけで、ちょいと
ヤバそうなローンですナ。

さあ、この金利のお高いサブプライムローンを使て、住宅業界は
お家を売りまくりましたヨ。その結果どうなたカ?
勘のいい方は、おわかりですナ。日本でも起こりましたヨ。
そう。土地&住宅バブル。
アメリカではITバブルが崩壊して、土地バブル、住宅バブルが
発生したのです。上がりに上がる土地と住宅の値段。
そうなると、やべーと思うのが当たり前のように思うのですけど。
けど、けど、けど…。

浮かれたアメリカ人は、土地値上がりするじゃーん、ヘイヘイ!
…と、どんどん上昇する土地の値上がりを見越して、お金を借りまくって
どんどん土地を買いあさりましたヨ。金利分よりも、土地の値上がり分の
ほうが高かったので、借金してでも土地を買ったほうが儲かたのです。
はい。まんま日本のバブルと同じ。

当然、結末も日本と同じですヨ。バブルなので、はじけましたヨ。
バーン!
さあ、ここからが問題。ここまでだけでも大問題なのに、さらに問題が
ありますヨ。なにが問題かというとアメリカの銀行の仕組みなのです。

さあ、この続きは、また次週!
いったい、世界金融にナニが起こたのカ!
その引き金となるアメリカの銀行の仕組みとはナニカ!
シィルツいちの経済アナリスト、クロたん(最近、ちょとシロヤギと
仲直りした)が世界金融をヒモ解きますヨ!

でわー!
[PR]
by shiroyagi25 | 2008-11-20 18:47 | モモのおはなし